宮崎学 カラスのお宅拝見!



カラスだけで1冊の本を作るよ。gakuさんがそう言っていた本ができた。

全国のカラスの巣が100カット。その巣材や掛けた場所から、様々な人間模様が見えてくる。もちろん、巣材や卵の数・色・形の資料としても貴重だが、作者の狙いはあくまでもカラスの目線から見た人間界だ。

ヒナの目線の先には、港があったり、アルプスの山並みがあったり、大都会のビル群があったり。人にもっとも身近な野鳥でありながら、カラスの目線から私たちを俯瞰した写真というのは、gakuさんが初めて私たちの前に見せてくれたのではないか。

後にも先にも、こんなユニークな写真集は出てこないかも知れない。売り切れにならないうちに、ぜひ手元に置いておかれることをお薦めする。




| comments (0) | trackback (1) | | 
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL :
トラックバック  ※言及リンクなき場合はハネられることがあります
写真集「カラスのお宅拝見」が出版される


「カラスのお宅拝見」の写真集が、できた。
北海道から九州まで、100を超えるカラスの巣を覗かせてもらって、巣を通して現代社会を語るというものだ。
写真集だから、モデル
| gakuの今日のヒトコマ(宮崎学の写真日記) | 10/01/07 10:14 |

HOMEBlog Top

▼サイト内検索
▼CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 10  >>
▼最新記事
▼カテゴリ
    [199]
▼最新コメント
    ササゴイの子育て
  • shibata (07/07)
▼最新トラックバック
    超絶品!川ガニうどん
  • KOH's VIEW (10/31)
▼リンク
COUNTER
  • 本日:702
  • 昨日:852
OTHERS
    処理時間 0.712849秒
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
PROFILE
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGNED BY
ゲットネット
MODULES BY
nJOY
Blog Parts