ヒメボタル

友人のフィールドに案内してもらい、初めてのヒメボタル撮影を試みた。観察の直前まで夕立が降っており、雨が上がった午後8時にヒメボタルが林縁で飛びだした。1時間ほど撮影して、ホタルの明滅がフェードアウトしかけたところで、再び雨が落ちてきて撤収。ファンタジックな写真がいくつか撮れた。







※F2.2/30秒, ISO2000, 多重露光(比較明合成)5回
2017/7/2 D500+DX35mmF1.8

| comments (0) | trackback (x) | | 
ホタルの星まつり2017







今年もホタルの季節がやってきた。昨年の同時期に比べ、ゲンジボタルの発生数はかなり少ない。春が遅かったせいか、ここ数日の低気温のせいか。

河原に下りて、闇の中で写真撮影する姿は、はたから見ればかなり怪しいのだろう。両側の里山から、ステレオでフクロウの鳴き声が聞こえた。今宵は曇り空で星は出ていない。

※F8/30秒, ISO800, 多重露光(比較明合成)5回

2017/6/12 D500+SIGMA10-20


| comments (0) | trackback (x) | | 
タマムシ


帰宅すると、妻がタマムシをザルに確保していた。庭のケヤキの上の枝から、交尾したまま地面に落下するのを、たまたま部屋の中から目撃したのだという。
写真撮影のために、姿勢を再現させた図。


裏から見たタマムシ。下がオスで上がメスである。オスは腹部の最終節がV字に切れ込んでいるのが特徴。


最後に手乗りタマムシで記念撮影。

2016/7/31 P340

| comments (0) | trackback (x) | | 
アトモンサビカミキリ


貰ったジャガイモの芽を払っていたら、虫が付いていた。調べたところ、アトモンサビカミキリのようだ。1cmに満たない、地味で小さなカミキリ。
成虫越冬するらしいので、寝ていたところを掘り起こされたのかも知れない。撮影後、庭に放してやった。

2015/11/27 P340

| comments (0) | trackback (x) | | 
ハッカハムシ


谷あいの河原で弁当を広げていると、きれいな甲虫が足元を這ってきた。取り上げて手の上に乗せて記念撮影。体長10mmほど。


上翅はゴールドメタリックのラメ入りで、小さな黒点が縦に並ぶ。下面は紺色のメタリックで、これまた光を反射して美しい。


撮影を終えて地上に戻してやると、大急ぎで逃げてゆく。帰宅後の調査で、この甲虫の名前はハッカハムシと分かった。あまり見かけない種なので、珍しい部類なのかも知れない。成虫越冬から目覚めたばかりといったところか。名前のとおりハッカに付く虫で、このあたりではシソ科のホトケノザを食草にしているのだろう。

D7000+TAMRON SP90mmMACRO
2015/3/30 香美町



| comments (1) | trackback (x) | | 

HOMEBlog Top

▼サイト内検索
▼CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 10  >>
▼最新記事
▼カテゴリ
    [199]
▼最新コメント
    ササゴイの子育て
  • shibata (07/07)
▼最新トラックバック
    超絶品!川ガニうどん
  • KOH's VIEW (10/31)
▼リンク
COUNTER
  • 本日:663
  • 昨日:852
OTHERS
    処理時間 0.789965秒
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
PROFILE
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGNED BY
ゲットネット
MODULES BY
nJOY
Blog Parts