納涼滝めぐり 十戸の滝・吉滝

あまりに暑いので、午後から夫婦で涼みに出かけた。神鍋方面に車を走らせ、いつも通り過ぎるだけの十戸の滝を見てみることに。


個人所有に付、用の無いやつは渡るなと目立たない看板が有ったが、従う観光客はいない様子だった。グラグラして不安定な鉄の橋で稲葉川を渡ると、そこはかつて茶店や遊園地で賑わった広場になっていた。野外ステージなんてのもあった。


広場から滝に向かう遊歩道。石灯篭に導かれて下ると、溶岩がえぐれて洞窟状になったところに祠がまつってある。横に水子供養の地蔵が何体か立っている。


上から飛び込めば気持ちよさそうな落ち込みが十戸の滝。遊漁場になって管理されているので、そんな川ガキはここにはいない。


駐車場に戻って左岸から溶岩の河原におりる。「雌滝」と看板があった滑滝が、溶岩流にそって流れている。


次に向かったのが小代の吉滝。我が子が小さい頃に訪れて以来、ずいぶん久しぶりの再訪となった。駐車場には沢山の車が入っていて、この滝の人気ぶりがうかがえる。車止めから遊歩道を5分ほど下れば吉滝の前に出る。


縦位置で、手持ちスローシャッターで水の流れを出してみる。吉滝は、「裏見の滝」とも言われるとおり、滝の裏に回りこむことが出来る。崖下には神社が祀ってある。


反対側から縦位置で。飛沫があたりの空気を冷やし、特に、今日のような蒸し暑い日には、実に気持ちのよい納涼ポイントである。


両脇には小滝が落ちていて、ヒシャクで汲んで喉を潤す。


正面から見た吉滝の様子だが、かなりショボい。この滝は裏見こそが身上である。


説明看板。


おりがけに、「日本の棚田百選 うへ山の棚田」と看板のある棚田で記念撮影。四角くない田んぼの景色って、やわらかい。


蘇武トンネルを越え、神鍋の栗栖野のヒマワリ田を見てから帰る。途中の国道沿いで買ったピザで、ビアをプシュ! 初めて試してみたけど、なかなか生地の美味しいピザだった。

今日から8月。ミンミンゼミが一斉に鳴き出して、夏もこれから後半。

2010/8/1 D90+SIGMA10mmFE

| comments (0) | trackback (0) | | 
コウノトリ市民研究所10周年記念講演会

自然界の報道写真家 宮崎学
「動物からのメッセージ〜人と自然のはざまから〜」




日時:2009年2月21日(土)13:30〜16:30
場所:じばさんTAJIMA 2Fホール(豊岡市立野町)
入場無料、当日会場に直接お越し下さい

<プログラム> 
13:30 開会あいさつ
「市民研の歩みと豊岡盆地の人と自然」

13:50 研究発表
「豊岡盆地の生きものたち」
(1)「豊岡盆地で暮す鳥」   
(2)「水路・小川にすむ魚」
(3)「モクズガニフクロムシの発見」
(4)「豊岡盆地の植物〜絶滅種・新発見種〜」

15:00 記念講演 自然界の報道写真家 宮崎学
「動物からのメッセージ〜人と自然のはざまから〜」

16:20 質問
16:30 閉会あいさつ 

主催 NPO法人コウノトリ市民研究所・コウノトリ生息地保全協議会

案内パンフレットはこちら


続きを読む▽
| comments (0) | trackback (0) | | 
宮崎学の情熱大陸



8月10日(日)23時、TBS/毎日放送系列の「情熱大陸」に宮崎学・自然界の報道写真家が登場。
http://www.mbs.jp/jounetsu/2008/08_10.shtml


普通の動物写真家は人の目線で動物を写す。宮崎学は動物の目線で人を写す。だから「自然界の報道写真家」なのだ。
卓越した撮影技術と、研ぎ澄まされた五感から切り出される衝撃のワンシーン。そこに到る膨大なプロセスの一端を、この番組からも嗅ぎ取ることが出来るだろうか。

多くの自然愛好家に挑発と啓発を投げ続ける、宮崎学の素顔に迫る30分。ぜひご覧下さい。
奇しくも、放送日の8月10日はgakuさんの59回目の誕生日。宮崎学の情熱は、ますます熱い。

(写真:2008/2/25 豊岡市出石川堤防で取材中のgakuさん)

| comments (0) | trackback (0) | | 
野猿



城崎町の山間ではニホンザルの群れが生息し、日ごと里へ出没しては農作物を荒らしまわっている。行政の駆除を待っていてもラチがあかないので、農家は自衛策に出ざるを得ない。だが、サルは賢いから苦労の防衛策もすぐに突破されるのが現状だ。



現場で出会ったおじさんは、今はコレしかないと、後ろ手に持っていたエアーガンを見せた。サルごときにオモチャの鉄砲で3万5千円も使った。この前は電池も換えたけど、これがまた高い。と、地面に向けて2発ほど引き金を引いた。結構強力な威力だったが、サルに痛い思いをさせるには、相当近い距離からでないと効果がないだろう。しかし、エアガンを持った人間はすでにサルに認知されているらしく、顔を見ただけでさっさと山に逃げてゆくそうな。



我々が路上で立ち話をしている間も、サル軍団は法面の柿の木でノンビリと毛づくろいなどをやっているのであるから、人間の側は完全にサルにナメられてしまっている。野生生物との共生などという綺麗ごとは、獣害に苦しむ現場では空しい響きだ。しかし、なんとか野生と人とが折り合って暮らせる方策を、サルよりは知恵のあるヒトが考えてゆかないといけないのも確かだ。

撮影:D2X

| comments (1) | trackback (0) | | 
稜線の目覚め



稜線を通る妙見・蘇武林道の一部区間を走ってみた。路肩の北向きの日陰にはまだ雪が残っている。場所によっては雪で未だに通行できない個所もあるらしい。雪解けのあとにはようやくフキノトウが顔を出している。



残雪の路肩から見上げると、ブナの新緑が眩しい。どこからかクロツグミのたおやかな囀りが聞こえてくる。目覚めた森には夏鳥がどんどんやってくる。台風で林道のあちこちが崩れてしまったが、届く範囲内でしばらく山に通おう。



下山途中の斜面でサンカヨウの花を見つけた。大柄な葉に似つかわしくないような、白く可憐な花を群生する。




山域中腹の開けた場所ではウスバシロチョウがフワフワと飛んでいた。このチョウの羽模様を改めて見ると、前ばねの縁にくっきりと目玉模様が見てとれる。この目は猛禽系?ネコ系? 天敵を脅すカモフラージュ。

| comments (0) | trackback (0) | | 

HOMEBlog Top

▼サイト内検索
▼CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<  2018 - 12  >>
▼最新記事
▼カテゴリ
    [200]
▼最新コメント
    ササゴイの子育て
  • shibata (07/07)
▼最新トラックバック
    超絶品!川ガニうどん
  • KOH's VIEW (10/31)
▼リンク
COUNTER
  • 本日:648
  • 昨日:831
OTHERS
    処理時間 0.794165秒
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
PROFILE
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGNED BY
ゲットネット
MODULES BY
nJOY
Blog Parts