シロハラ自分でシャッターを切る



3年ぶりに自動撮影を再開。考え方は前と同じだが、いろんな面で進化した。

しかしまだ越えるべき壁はたくさんある。ストロボの電源供給が最重要課題。現在のシステムは一昼夜でストロボの電池がゼロになる。光らなくても待機させるだけで電池がなくなる。当面の目標は、2昼夜完全に持たせること。そうすれば、週末だけでも実際のフィールドで運用できるからだ。

前夜庭に仕掛けた今回の自動撮影カメラに、はじめてのお客様が自分でシャッターを切って行った。朝の6時半、シロハラが我が家でひと遊びしていったのだった。


| comments (0) | trackback (0) | | 
自動撮影黒猫

冬の荒れた天気も終わったので、いよいよ自宅庭でロングタームテストを開始することにした。日が暮れてから庭でセッティング。すでに黒い野良猫が寄ってきていたので、こいつにセンサーを切らせて写ってもらうことになった。

撮影エリア内に我が家のMOMOの常食ドッグフードを撒いて仕掛け完了。すぐにもさっきの黒猫がやってきた。ダイニングのブラインドの隙間から、黒猫のポジションとセンサーが反応してストロボが光るまでの様子を見ていた。とりあえず黒猫が自分でシャッターを切った何枚かの写真を掲示しておく。

2006/3/27 19:44


2006/3/27 19:48


2006/3/27 19:51


2006/3/27 19:59


OLYMPUS E-1、ZUIKO-DIGITAL14-54、ストロボ左右に2灯
Mモード、F20、1/160秒、ISO100、フォーカス固定

ちなみに、現時点での自動撮影装置のセッティングはこんな感じです。





続きを読む▽
| comments (0) | trackback (0) | | 
屋外テスト



ハウジングはさらに工夫が必要であるが、とりあえず防水ケースだけは出来たので、夜の庭に一晩設置してテストを試みた。ストロボシステムは当地におけるこの道の先駆者であるMr.Y氏より借用。とりあえずGN48を一灯。

この写真は動作チェック中の様子。はしたないので顔はレタッチでぼかしてある。チェックではうまく動作したが、真夜中の訪問者はいなかった。屋外での初実験ということで記録に残しておく。
カメラはE-1+ZD14-54mm

| comments (1) | trackback (1) | | 
テスト撮影



とりあえずバラックの状態で三脚に組み、我が家の座敷犬MOMOの協力を得てテスト撮影に臨んだ。
E−1は絞り優先AEのTTLオートストロボ、マニュアルフォーカスで固定。



で、このように自動撮影されました。(^^)v
とりあえず嬉しいじゃないですか。自動撮影の第一歩を踏み出したわけですからね。
MOMOが速く通り過ぎると、シャッターディレイで体の一部がフレームアウトします。
したがって、このセンサでは横方向に移動する動物の撮影は難しく、正面から近づいてくる動物を狙うようにセットしなければいけない。

| comments (0) | trackback (0) | | 
自動撮影システム



丸々一日かけて、一気に作ってしまった。ぼちぼちのつもりだったが、材料が揃ってしまったのでこの際。

で、これが一発でちゃんと動いたから一安心。

| comments (0) | trackback (0) | | 

HOMEBlog Top

▼サイト内検索
▼CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 10  >>
▼最新記事
▼カテゴリ
    [199]
▼最新コメント
    ササゴイの子育て
  • shibata (07/07)
▼最新トラックバック
    超絶品!川ガニうどん
  • KOH's VIEW (10/31)
▼リンク
COUNTER
  • 本日:689
  • 昨日:852
OTHERS
    処理時間 0.761436秒
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
PROFILE
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGNED BY
ゲットネット
MODULES BY
nJOY
Blog Parts