竹野の海で遊ぶ


但馬自然史研究所の活動拠点がある竹野町宇日。娘夫婦が友人夫婦を連れて帰省し、海好きの皆さんのリクエストによりここで午前の時間を過ごす。湾内は穏やかだが、外は少し波高い。


タンデム艇2台を引き連れて海岸沿いを漕ぐが、東に向かうほど波が高くなる。今回のパドリングはここまでとし、岩に艇を上げてスノーケリングにシフト。


大きなタイドプールでウォーミングアップ。


スキンダイビングのライセンスを持つFさん。美しいフォームで水中に降りて行く。


ひとしきり潜ったあと引き返す。猫崎QP半島を遠望しつつ、ざわつく海を漕ぎぬく。


湾に入ると途端に波が落ち着く。


上がる前に、宇日の海でひと潜り。人懐っこいシマダイの幼魚の群れに、南方系のオヤビッチャが混じっていた。


波静かな湾内に帰還。


お昼は、最近オープンして人気急上昇中の弁天浜の「八塩」さんへ。


新鮮な海鮮がリーズナブルな料金で頂ける。サイドメニューも充実していて、しかもそのどれもが美味しかった。


夜の営業もあり、日本酒が充実している。娘にハンドルキーパーを任せ、みんなで冷酒を美味しく頂いた。
八塩さんのホームページはこちら


食事のあとは休暇村竹野海岸の温泉に。オーシャンビューの露天風呂があり、人も混み合っておらず、穴場的な温泉施設。

朝の薄曇りの天気は午後になって回復して来たが、南の山の端には雷雨の黒い雲が垂れ込めていた。

2018/8/16 PENTAX WG-3

| comments (0) | trackback (x) | | 
2年ぶりのジオカヌー


NPO法人但馬自然史研究所の本庄四郎所長の指導のもと、拠点である宇日(うい)基地を発着点にジオカヌーインストラクター更新講習が行われ参加した。まず所長の講義を聞いた後、ゲストをガイドする手順に従いインストラクター同士でロールプレーイング。装備をチェックし海にエントリーしようとして、すでに朝の宴が始まっていた舟屋の漁師さんに声を掛けられて焼き立てのサザエを頂いた。うまい!


無風のベタ凪ぎ。このエリアでこのコンディションはなかなか無いことだ。遠ざかる猫崎半島を背に、東へパドリング。


隣の集落の田久日(たぐい)の湾へ。透明度の高い海底にヒラワツナギソウの蛍光カラーが煌めいていた。美しい。


ここには緑色凝灰岩(グリーンタフ)が露頭しており、独特の景観をみせている。


このコース最大のスペクタクルは、宇日流紋岩の流理。うねりと渦巻きの3D構造帯は、但馬海岸誕生の歴史の語り部のひとつである。ダイナミックで美しい岩の芸術に圧倒される。


ラドン岬(ローカルネーミング)を越え、


コウノトリ岬(ローカルネーミング:平井ノ鼻と呼ばれている釣り場)を超えると、向こうにオットセイ岩、その奥に日和山の竜宮城が見えてくる。丹後半島の依遅ヶ尾山の特徴的な山容も遠望できた。


折返しポイントの岸に上陸してブレークタイム。ここにあるクランク状のクラックが入った岩が目を引く。


鳥の姿もいくつか。トビ、ウミネコ、ミサゴ、キビタキ、セグロセキレイ、クロサギなどチェック。このコースでは、カヌーの真横にウトウが潜水浮上してきたという、所長の話も聞いた。


折り返してからも無風の凪が続く。ブレードを入れる水音が静寂を揺らす。猫崎の「仰向けQP」が次第に大きくなる。


ゴール間際、宇日の「舟隠」の洞窟に案内してもらう。平家落人伝説の残るジオエリアである。


2時間あまりのロングを漕いでゴール。漁師さんが、待っていたようにムラサキウニを割って振る舞ってくれた。塩水でチャチャっと洗って黄色い身を吸い取れば、濃厚な海の滋味が口に広がった。本庄所長と地元住民の方々の信頼関係の上に、このエリアのジオカヌーが成り立っていることをしみじみと思う。私たちインストラクターもその信頼関係を大切にしながら、このエリアのジオロジーやらエコロジー、さらにソシオロジーも含めて、但馬自然史研究所のジオカヌーをチョイスしてくれたゲストの皆さんに、その魅力を伝えていけたらと願っている。

昨年はブランクがあったが、今シーズンは私もここでお手伝いする機会があるかもしれない。ぜひ一緒に楽しみましょう。

2018/6/24 PENTAX WG-3


| comments (0) | trackback (x) | | 
マーメイドと遊ぶ


「海の日」の翌日、二人のマーメイドと海で遊んだ。ほんとうはカヌーの予定だったのが、海のコンディションが悪く中止。せっかくなのでみんなでスノーケリングに切り替え。


おじさんは何度も岩に上がって休憩モードに入るのだが、マーメイドたちは水を得た魚のごとし。いつまでも潜リ続けている。


トラ模様のカゴカキダイ。


アオウミウシ。


なんだっけ?


ヤマトホンドヤドカリ?


マーメイド


メリベウミウシ


ケヤリムシ


お昼は3人で竹野浜の「おっとっと」で。新鮮、旨い、安いで人気のお店。


マーメイドたちは白イカづくしを、私は日替わりのハタハタフライ定食を注文。ごちそうさま。

2017/7/18 WG-3, D500+10-20mm

| comments (0) | trackback (x) | | 
oui de 梅雨明け・海の日


長男ファミリーが一泊帰省。2日目は海で遊ぶことにし、急遽、但馬自然史研究所のボスに宇日拠点の利用を申し出た。オフだったのにもかかわらず、我々のために施設をあけて迎えてくれたH氏。地元漁師さんから、上げたばかりのサザエを頂き、豪快に石で潰したのを海水で洗ってそのまま食べさせてくれた。コリコリした歯ごたえと海のしお味だけの生サザエは美味い。


ここのジオカヌーインストラクターでもある私の、今シーズン初ライドは長男ファミリーのアテンド。昨日までは波が高かったとのことだが、今日は少しうねりが残るだけの好コンディション。静かな港内から少し沖に出て、パドリングを楽しんだ。


爺婆が子守係をしている間に、息子夫婦がタンデム・パドリング。ヨメさんも久しぶりに、僅かばかりの開放感を味わっていたようだ。


宇日の港内西寄りは、僅かな砂浜や浅瀬もあって、幼児を水遊びさせるにちょうどよい。下の孫も、ずっと水に浸かってパシャパシャとやっていた。


我が家の玄関先にユリが咲いた。その下を、賑やかにファミリーが帰って行った。

西日本の梅雨が今日明けた。いよいよ夏本番である。竹野町宇日の舟屋を拠点に、夏の喧騒とは無縁の静かな海遊びを楽しみたい方、どうぞ但馬自然史研究所ジオカヌーをチョイスして下さい。但馬の自然史研究家たちによる、スマートなジオカヌー体験が出来ますよ。お待ちしています。

2016/7/28 WG-3, D500+SIGMA10-20

| comments (0) | trackback (x) | | 
ジオカヌーインストラクター更新講習2016


今回で3回目になるのだろうか、竹野スタイルのジオカヌーインストラクターの更新講習を受けた。同時進行で、新人講習も行われており、座学の後は合同で実地訓練。先輩が後輩をサポートしながらの講習である。


若いインストラクターが、沈からのリエントリーの見本を見せたあと、新人インストラクターが順番に海に落ちてから、再乗艇のトレーニングを行った。うまく乗れる人と乗れない人がいて、様々なパターンでの再乗艇のやり方を学んだ。ベテランから紹介された、ループロープを鐙(あぶみ)代わりにして乗る方法は勉強になった。


最後は、講師の但馬自然史研究所の本庄四郎氏の講評と、受講者一人一人の感想を述べ合って、後かたづけの後解散となった。

若いインストラクターがメインで動いてゆけばよいと思うが、年寄りならではのガイドの良さもあるだろう。今年から、私のジオカヌーインストラクターの所属は但馬自然史研究所に移る。切浜エリアとはまた違った、宇日・田久日エリアのジオビューの魅力を、ゲストと一緒に楽しみたいと思う。

2016/6/2 PENTAX WG-3

| comments (0) | trackback (x) | | 

HOMEBlog Top

▼サイト内検索
▼CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<  2018 - 10  >>
▼最新記事
▼カテゴリ
    [199]
▼最新コメント
    ササゴイの子育て
  • shibata (07/07)
▼最新トラックバック
    超絶品!川ガニうどん
  • KOH's VIEW (10/31)
▼リンク
COUNTER
  • 本日:704
  • 昨日:852
OTHERS
    処理時間 0.814312秒
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
PROFILE
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGNED BY
ゲットネット
MODULES BY
nJOY
Blog Parts