セツブンソウとミスミソウ


節分だというのに春の陽気、もう咲き出した青垣町のセツブンソウを見てきた。遠坂の自生地は日当たりがよく、町内のセツブンソウ自生地の中でも早咲きで知られているが、これほど早いとは驚きである。


朝露に濡れた萼片が半透明で美しい。花は中の黄色い部分。

 
一人で撮影していると、丹波市の観光協会の女性職員が巡回に来られた。別の自生地の情報をお聞きし、このあと訪ねてみたが、北向きの斜面のその場所はまだまったく花の気配が無かった。帰路、青垣いきものふれあいの里に寄って、わずかに開花しているセツブンソウを見せてもらった。


帰路は海岸まで直行。雨雲と追いかけっこしながら、なんとか降り出す前にミスミソウを撮影することができた。


雄しべが赤いのと白いのが混在。花弁に見えるのが正確には萼片。


魚眼レンズで環境を入れて撮影。


アクセスがよいので盗掘が懸念されるが、いつまでもこの場所に咲き続けていてほしいものである。

明日から天気予報は雪マーク。早々に開花したスプリング・エフェメラルも戸惑うことだろう。

2019/2/7 D500+60mmMACRO, 35mmF1.8, 19-20mm, 10mmFE

| comments (0) | trackback (x) | | 
ユウスゲとフウラン


暑い暑い休日の午後、部屋でクーラーにあたっていても始まらないので、思い切って海に出かける。夏休みが始まって最初の週末、海は家族連れが繰り出している。そんな場所に、長靴にジーパン姿の、カメラを抱えたおっさんは限りなく変態チックである。夕方に開花するためにエネルギーをためているようなユウスゲを、灼熱の砂丘で撮影。


せっかくなので、近くのフウランの自生地に立ち寄る。ここにあることは知っていても、実際に見たことはなかった。海岸の大きな木の下の木陰に車を止め、さて、どこに咲いている?としばらく周辺を探索。なんと、止めた車の真上にたくさんのフウランが咲いていた。


タブノキの枯木の幹に、長いヒゲを垂らした真っ白なランがびっしり咲いている姿は、初めて観察する私には感動的な光景だった。


アングルを変えて縦位置で撮影。






300mmで寄せて撮る。ひと目のつく高い木の上に着生しているので、ここでの盗掘は免れてきたのだろう。美しい海辺の自生ランが、これからもここで咲き続けてほしい。

2018/7/21 D500+10mmFE, 35mm, 300mm


| comments (0) | trackback (x) | | 
あじさい寺


お昼からぶらっと福知山の観音寺までドライブ。今年もこの季節にあじさい寺を観せてもらう。


アプローチだけでも十分楽しめる。拝観料350円で境内へ。


満開を少し過ぎた感じ。昨日と今日、気温の高い晴れの日だったのでアジサイもドライな感じ。やっぱりこの花には雨が似合う。


名物、窓ガラスに映るアジサイ。


思い思いに、ここでアジサイと対話。


今日は人も少なくてゆっくり過ごせる。


天然記念物の小国鶏(ショウコク)が放し飼いされており、餌をもらいに客に寄ってきていた。

帰り道、ひさしぶりに福知山の足立音衛門でタルトを買って帰る。


ササゴイのコロニーも下見。今度ちゃんと撮影に来る予定。

2018/6/18 D500+10-20mm, 35mm

| comments (2) | trackback (x) | | 
春の天滝、花回廊

我が家の山歩きは、春の阿瀬渓谷から始まるのが常であった。数年前からそれもやめてしまった。谷全域に渡って鹿の食害が著しく、かつての花回廊はすっかり失われてしまったからだ。

春の天滝を歩いた記憶は、もはや定かではない。ずいぶん前だったか、それとも春はまだ歩いたことが無かったかだ。今日歩いてみて、天滝までの片道40分の登山道は、まだ花回廊と呼べるほどの春の花たちで彩られていた。特に、ラショウモンカズラとジュウニヒトエが見頃に開花しており、散策中にずっと目を楽しませてくれた。名前のわからない花も含め、撮った写真を掲載しておく。


ラショウモンカズラ


ラショウモンカズラ


ジュウニヒトエ


ジュウニヒトエ


ヤマルリソウ


トキワイカリソウ


タチツボスミレ


チゴユリ


フデリンドウ


イチリンソウ


イチリンソウ


エンレイソウ


コチャルメルソウ


ヒトリシズカ


ヒトリシズカ


ホウチャクソウ


アオダイショウ






ミヤマハコベ





2018/4/22 D500+SP90mmMACRO,SIGMA10-20mm


| comments (0) | trackback (x) | | 
ミズバショウ

管理人の島垣さんに案内されて、大屋のミズバショウ公園内を見て回った。例年なら段階的に咲いて行くのに、今年は一気に全部が咲き出したとのこと。今日で1,900株の開花だそうだ。
これまでのミズバショウの経緯や、これから先の計画などを聞きながら、汗ばむほどの快晴の春のひとときを過ごした。島垣さん、ありがとうございました。

ミズバショウの撮影には、200mmから300mmの望遠レンズが適当です。木柵越しに少し離れた花を狙いますので、短いレンズでは届きません。ご参考まで。











2018/4/19 D500+VR300mmF2.8

| comments (0) | trackback (x) | | 

HOMEBlog Top

▼サイト内検索
▼CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<  2019 - 02  >>
▼最新記事
▼カテゴリ
    [205]
▼最新コメント
    ササゴイの子育て
  • shibata (07/07)
▼最新トラックバック
    超絶品!川ガニうどん
  • KOH's VIEW (10/31)
▼リンク
COUNTER
  • 本日:722
  • 昨日:1118
OTHERS
    処理時間 0.754235秒
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
PROFILE
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGNED BY
ゲットネット
MODULES BY
nJOY
Blog Parts