春一番



春一番(←クリック!)[コチドリ、ダイサギ、コサギ、コウノトリ、ハシボソガラス、チョウゲンボウ]


| comments (0) | trackback (x) | | 
水辺の繁殖期



水辺の繁殖期(←クリック!)[アオサギ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、カイツブリ、オオバン]


| comments (0) | trackback (x) | | 
3月の海



3月の海(←クリック!)[クロガモ♀、カワウ、ホオジロガモ、オオハクチョウ]


| comments (2) | trackback (x) | | 
フクジュソウ


(写真:来見谷のフクジュソウ)

丹後半島の中央部は深い山の中である。小金山、金剛童子山の東懐に抱かれたいくつかの集落に、フクジュソウが開花し始めたようだ。断片的なネット検索情報を頼りに、目星をつけたエリアに初めてアプローチしてみる。今年の開花状況はまったく分からず、ナビ無しのジムニーで向かうが、案の定、最初のアプローチは別の道を走っていた。民家で庭いじりをしていたお婆さんにフクジュソウのことを尋ね、霰(あられ)という地名を教わった。




少し道を引き返し、教えられた橋を渡ると二股に出会う。道標もなくとりあえず右の谷に入ってみる。舗装道の行き止まりに小さな集落があり、後で調べて分かったのだが、ここは霰ではなく、来見谷という集落であった。集落に入ってすぐに民家周辺に黄色い花があちこちに見られた。これがフクジュソウなのだろうと、一番奥の広い場所に車を止めて散策開始。目の前の民家の法面に、沢山のフクジュソウが開花している。住人の気配がないので敷地内への侵入は遠慮し、少し離れたとこから望遠レンズでフクジュソウを撮影した。


村中を散策すれば小さなコテージがあり、そこから少し離れたお宮さんの法面にフクジュソウの群落を見つけた。ちょうど見頃に開花している。車まで戻りながら、民家の敷地内にフクジュソウがポツポツ咲いているのを確認する。


来た道を引き返し、さきほどの二股を左にとる。すぐに三叉路に出くわし、左に橋を渡った集落が霰(あられ)地区であった。ここでも、民家のまわりにたくさんのフクジュソウが開花していた。フクジュソウは、こうして人の生活の中で大事に守られてきた植物なのだ。先に訪ねた青垣町のセツブンソウも同じ事情だ。人に守られて生きながらえている。






霰地区からさらに奥に進んだ須川地区で道路が行き止まる。この先は登山路でスイス村へと通じているようだ。

須川の公民館裏の法面にたくさんのフクジュソウが見られた。この群落は少し開花が遅いようだ。蕾のものも多く見かけた。

温古里(ほっこり)という農家民宿があった。いつか利用してみたい佇まいだった。


今後のために、本日訪ねた3箇所のフクジュソウの観察地をマップに記録する。

心無い人たちに盗掘される運命の花だが、雪深い山村に春を告げる花として、人々の生活の中に咲くことこそフクジュソウの身上である。そこに咲いているから美しい。私たちは、その美しさにそっと触れさせてもらうだけでいい。

(注)集落で見られるフクジュソウは個人の敷地内で住民の方が世話をされている私有物です。盗掘は窃盗罪にあたります。




霰橋の三叉路を右にとって奥に入ってみる。道は狭くなり、深い渓谷を縫うように高度を上げる。突然、除雪が終わった行き止まりが、細川ガラシャの記念碑がある場所だった。味土野という集落で、細川ガラシャが2年間、身を潜めていた場所とされる。この集落から金剛童子山への登山道が整備されているようで、今度また山歩きで訪れてみたいと思う。

2017/3/13 D500




| comments (0) | trackback (x) | | 
2016台湾旅行記(その3)


台北3日目の朝は、ホテルの朝食をYさんと一緒にとった。Nさんが回復するまでY さんは残ることになり、今後の段取りなどを吹っ切れた様子で説明してくれた。北にある病院まではMRT(地下鉄)を使って通うため、朝のうちに一緒に乗り降りの練習をしておこうと提案があった。せっかくの旅行最終日、MRTで移動して市内の有名なお寺を一ヶ所、Yさんと一緒に観光しようということになった。

台湾MRTの駅務システムの一部は、私が前職の頃に開発製造に関わったユニットが使われている。随分年月が経って、そのシステムを実体験することになった。ここでは磁気券の代わりにトークンと呼ばれるコイン型のICチップを使う。販売機で運賃がチャージされたトークンを買い、それを改札機にかざしてゲートを通過してホームへ。降車時には改札機でトークンが回収され、リユース利用されるのである。清潔好きの日本では、使い捨ての切符でないと受け入れられないのだろう。もっとも、今ではスイカやイコカのようなICカードが主流だから、切符そのもが不要な時代である。


向かった先は台北観光の定番中の定番、龍山寺である。MRT龍山寺駅から歩いてすぐの場所にある。さすがに観光客が多い。日本人のグループもたくさん見かけた。ちょうど朝の読経のタイミングに入ったようで、回廊には信者が列をなして並び、本堂に向かって経を唱和していた。声と声が低く重なりあい、重厚なコーラスのように地に響いた。読経の波に包まれながら、買い求めた花を供え、本堂に手を合わせた。友人の傷が早く癒えるようにと祈る。




ホテルに戻りチェックアウト。Yさんに別れを告げ、我が夫婦だけで空港へ向かう。ホテル前のバス停で乗るようフロントで説明された。バスを待つ間、タクシーの呼び込みが寄ってきて誘った。タクシーでもよかったが、時間が十分あったのと、ちょっとした冒険心を試してみたかった。

空港方面行のバスが来た。空港直行のリムジンかと思っていたら、普通のワンマン路線バスだった。前から乗り込んで、上段の座席に荷物を持って上がる。バスが動き出しても妻がなかなか上がってこない。いくつかのバス停で乗客が乗り、ようやく妻が隣りに座った。前払い運賃の支払いで、小銭がなくて困っていたらしい。運転手に英語も通じず別の乗客を介して交渉が終わったとのこと。

バスは空港近くの街を経由し、1時間ちょっとで空港に着いた。行きはNさんがすべてリードしてくれたので何の不安も無かったが、帰りは我々が単独で手続きをしなければならなかった。チャイナエアーのカウンターでチェックインを申し出ると、あっちのセルフマシンを使えと言われる。戸惑いながら機械の操作を始めると、隣りで団体のチェックイン処理をしていた旅行会社の男性が手伝ってくれた。

チェックインを終え、ほっとしたところで遅いランチにする。フードコートで、今回の台湾旅行で食べそびれていた小籠包をオーダーした。ファーストフードの小籠包にしては、しっかり美味しかった。家族や友人への土産を買い、免税店街の書店で自分のために台湾の野鳥写真集を買った。次回はきっと、この山娘を撮影しようと思う。


到着便が大きく遅れ、折り返しの出発便も遅れた。ドリンクやお菓子のサービスで時間をつぶし、ようやく離陸。行きと同じB747は、日本へ週末旅行する台湾の人たちで満席であった。離陸時も着陸時と同じ雨の風景で、僅かの時間で視界は雨雲に遮られてしまった。


偏西風に押され、行きより短い時間で日本に入る。夕陽が落ちるのを空の上から眺め、眼下には錦江湾と桜島が見えた。瀬戸内海上空を飛び、すっかり暮れた関空に着陸した。結局Nさんは11日遅れの3月23日に帰国し、こちらの病院で長く治療を続けることになった。

今回の旅は、私たちに残りの人生についてしっかり向き合うきっかけを与えてくれた旅であったようにも思う。1年が経過し、当時の日付にシンクロさせて旅行記を書いてきた。掲載した写真の殆どは早い段階で準備してあったが、文章を書くタイミングが見つからずにいた。今日、台湾旅行の最後の記録を書き終えることで、私たち4人の台湾旅行をようやく締めくくれるような気がする。

台湾でお世話になったすべての人たちに、私たちは心より感謝する。我が夫婦の初めての台湾は、Nさんがいつも話してくれていたとおり、本当にフレンドリーな人たちの暮らす国だと感じた。やさしい人たちと美味しい料理と、美味しいお茶と美しい自然環境。この先、機会があれば何度でも訪ねてみたい、台湾はそんな素敵な場所になった。

私たちに残された時間は多くない。また夫婦4人で旅に出よう。たくさんのものを見、たくさん学び、美味しいものを食べよう。いつまでも、そんな旅を続けられる仲良し夫婦でいよう。
(完)

2016.3.12 P340

| comments (0) | trackback (x) | | 

HOMEBlog Top

▼サイト内検索
▼CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2017 - 03  >>
▼最新記事
▼カテゴリ
    [170]
▼最新コメント
    豊岡市街地にアライグマ
  • はる (12/21)
▼最新トラックバック
    超絶品!川ガニうどん
  • KOH's VIEW (10/31)
▼リンク
COUNTER
  • 本日:167
  • 昨日:585
OTHERS
    処理時間 0.736365秒
LOGIN
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
PROFILE
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGNED BY
ゲットネット
MODULES BY
nJOY
Blog Parts